HOME > 夏のレーザー脱毛は早めの行動が肝心

夏のレーザー脱毛は早めの行動が肝心

レーザー脱毛は効果の高い施術です。しかし、夏に受けるとある注意点があります。それは早めにレーザー脱毛を受けること。効果が即日現れるわけではないのはご存知でしょうが、それ以外にも早め早めの施術の方が利点が多いです。なぜ夏のレーザー脱毛は早めに受けるのが良いのかをご説明いたします。

レーザー脱毛に日焼けは厳禁

レーザー脱毛に日焼けは厳禁

レーザー脱毛は毛が持つ黒い色にだけ反応するレーザーを使うものです。
毛だけにレーザーが反応するので肌へのダメージを抑えつつ、効果的な脱毛が行えます。
しかし、肌も黒いとレーザーが毛以外にも反応してしまう可能性はあります。
日焼けの黒い色と毛の黒い色の成分は同じメラニン色素です。なのでレーザー脱毛を行うクリニックの中には、日焼けしている方の脱毛を行わないクリニックもあります。
また、レーザー脱毛も少なからず肌に負担をかけてしまいます。体調不良など、肌が弱くなっているであろう状態での施術は控えることを推奨されます。日焼けした肌も平時より弱っています。日焼けは多くの紫外線を受けた状態を表す症状です。そういった意味でも日焼け肌へのレーザー脱毛は薦められていません。
現に肌が白く戻るまで、脱毛を断るクリニックもあります。
なので夏の日差しが本格化する前に脱毛を受けるべきです。
また、脱毛をしようと思うなら、日焼けのリスクが高いところへの外出は極力控え、日焼け止めで日ごろから日焼け対策を心がけましょう。
しかし、さほど影響もない場合もあります。それは日頃太陽のさらされない部分。
脇や背中など普段から露出されない部位の脱毛ならさほど気にする必要はありません。

レーザー脱毛を受ける前の迅速な行動が大切

レーザー脱毛を受ける前の迅速な行動が大切

さらに言えばクリニックへの連絡はより早めに行うべきです。
脱毛を行うクリニックはたいてい予約制をとっております。
そして夏の時期は脱毛の需要が急増し、受診しにくくなります。いくら施術が短時間でもそもそも施術が受けられなければ意味がありません。
かといって近場のクリニックに飛び込むのもいかがなものです。脱毛を受ける前に複数のクリニックを比較すべきです。
可能ならば、いくつかのクリニックで事前のカウンセリングを受け、どこのクリニックが安心でき、予算なども問題がないか吟味してから決定しましょう。
焦って適当に選択すれば効果が出ないどころが、それ以上の被害をこうむることもあります。

    

施術直後はプールに入れない!?

最後の注意点はレーザー脱毛を受けた後です。レーザー脱毛を受けた後も日焼けは十分に避ける必要があります。
そしてもう一つ、脱毛を受けた後はプールに入ることを控えるように控えるように言われます。
日焼けしやすいから、施術後の激しい運動は控えるべきだから。そういった理由もありますが、プール特有の理由も2つあります。

施術直後はプールに入れない!?

1. 大人数が入った水に入るから

いくら塩素で消毒されているとはいえ、プールの中は様々な雑菌が潜んでいます。
雑菌から感染すれば、突然高熱を出したり、最悪命を落とす危険性があります。
重度でなくても炎症・かぶれ・膿などが起きるリスクは十二分あります。
健康で傷のない肌なら問題はありませんが、レーザー脱毛後の肌は軽度の火傷を起こしている状態に近いです。
感染のリスクは十二分考えられます。

2. 消毒の塩素も肌に悪影響

消毒に使われている塩素も肌によくありません。塩素そのものは食器用・衣類用漂白剤の成分として身近にあります。しかしどの製品でも取り扱いに関しては注意が必要です。
特に皮膚に付いたときは大量の水で洗い流すなどの指示が書かれています。
一方プール内の塩素は濃度が低く、シャワーなどで念入りに洗い流せば大丈夫です。
しかし、レーザー脱毛直後で弱っている肌は少量の塩素でも影響は大きくなります。

これらの理由から、レーザー脱毛後のプールは2日ほど控えるよう指示を出すクリニックもあります。
出来ることならレジャーの1週前に脱毛を受けられるようなスケジュールを作ることがのぞましいです。